FX会社 問責決議 意味をわかりやすく解説
So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

問責決議 意味をわかりやすく解説 [問責決議 意味 ]

スポンサードリンク




問責決議ってどういう意味?

本日の安倍総理に対する問責決議案の可決というニュースを聞いて、そう思った方は多いことでしょう。

「問責決議」とは、政治家・閣僚の”不信任”を表明し、政治的責任を問う決議。衆議院において「問責決議案」として提出され、衆院本会議で議決されるものです。

関連用語として、衆議院の「不信任決議案」というものがありますね。

これは、 議決されると、法の規定に従い、衆議院の解散、もしくは、内閣総辞職を絶対行わなくてはならない、というもの。

一方、参議院には解散が無い為、、議員は 辞任しない限り 次の選挙まで、6年間絶対にクビにならない。
身分が保証されている分、不信任決議案のような権力が与えられていません。

要するに、不信任決議の代わりに、この問責決議を行うのです。


ただ、問責決議の場合には、法的に辞職などを強制されることはなく、総理大臣はあまり危機感はないようです。
しかし、何らかの形で不信任の表明に応えることが通常とされている。


今回の安倍首相への問責決議は、参院予算委員会の集中審議に安倍晋三首相が出席しなかったことを理由にしたもの。

これによって、26日に採決が予定されていた電気事業法改正案など4法案が廃案となった。

いよいよ、参議院選挙へ突入です!!

株価、為替への影響はなさそうですけど・・・・




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。